« 前ページへ次ページへ »

【プレスリリース】「世界初、ごみ拾いアプリできれいな地域づくりへ」(月刊廃棄物8月号)

当社が協賛しております株式会社ピリカが、「月刊廃棄物8月号」に掲載されました。

ごみ拾いアプリ「PIRIKA」と連携した自治体の取り組みが紹介されています。ぜひご一読ください。

 

月刊廃棄物8月号_世界初、ごみ拾いアプリできれいな地域づくりへ

 

ごみ拾いアプリ「PIRIKA」についてもっと知りたい方はこちらから。

ぜひピリカでごみ拾いにチャレンジしてみてください。

 

 

PIRIKAの活動がもっともっと広がるよう、今後も応援してまいります。

KATO×PIRIKA

 

 

【プレスリリース】「ドライバーの公的資格取得や環境教育の実施などで信頼関係深め」(月間廃棄物 7月号 )

この度、月間廃棄物の7月号に当社事業統括部長である岩崎のインタビュー記事が掲載されました。

当社は日頃より地域の皆様への恩返しの意味も込めて、CSRとして様々な活動を行っております。
今回のインタビューでは、その中から”ドライバーの公的資格取得”、”環境教育”について掲載されております。

ぜひご一読ください。

image-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(月間廃棄物 7月号 )

【トピックス】平成26年度立川市クレジット支援事業者に採択されました

このたび弊社は、立川市が行う「都内中小クレジット活用促進スキーム(設備導入助成)」の支援事業者に採択されました。

市内の中小規模事業所における省エネルギー設備の導入を支援いたします。

該当する事業者は以下のような支援を受けることができます。

 

支援内容

  • 市から設備導入助成金を交付(上限100万円)
  • 設備導入によるCO2削減量(都内中小クレジット)に応じたキャッシュバック等の受取
  • 市指定の「支援事業者」による各種申請手続きの代行・サポート

 

事業者の条件

※以下のすべてに該当する事業

  • 市内において、事業所がある中小企業であること
  • 市税を滞納していないこと
  • 補助対象事業について市及び東京都の補助を受けていないこと
  • 支援事業者の関与を受け、実施する事業
  • 都内中小クレジットの創出が可能である事業
  • 省エネルギー診断を受けていること

 

※省エネルギー設備とは、東京都「都内中小クレジット算定ガイドライン」の認定基準に該当する設備を指します。設備ごとに、性能要件が定められています。
(設備例:高効率照明器具、高効率パッケージ型空調機、高輝度誘導灯、高効率冷凍冷蔵設備 等)
設備導入は、平成272月末までに完了していただきます。

制度詳細はこちらから

→http://www.city.tachikawa.lg.jp/cms-sypher/www/service/detail.jsp?id=11730

お問い合わせはこちらまで

お問い合わせフォーム:http://katosyoji.net/category/contact/

電話番号:042-392-1001

担当:高橋

【トピックス】平成26年度豊島区クレジット支援事業者に採択されました

このたび弊社は、豊島区が行う「都内中小クレジット活用促進スキーム(設備導入助成)」の支援事業者に採択されました。

区内の中小規模事業所における省エネルギー設備の導入を支援いたします。

該当する事業者は以下のような支援を受けることができます。

 

支援内容

  • 区から設備導入助成金を交付(上限100万円)
  • 設備導入によるCO2削減量(都内中小クレジット)に応じたキャッシュバック等の受取
  • 区指定の「支援事業者」による各種申請手続きの代行・サポート

 

事業者の条件

※以下のすべてに該当する事業

  • 豊島区内で継続して1年以上事業を営む中小規模事業所に省エネルギー設備を導入する事業
  • 支援事業者の関与を受け、実施する事業
  • 都内中小クレジットの創出が可能である事業

※省エネルギー設備とは、東京都「都内中小クレジット算定ガイドライン」の認定基準に該当する設備を指します。設備ごとに、性能要件が定められています。
(設備例:高効率照明器具、高効率パッケージ型空調機、高輝度誘導灯、高効率冷凍冷蔵設備 等)
設備導入は、平成272月末までに完了していただきます。

制度詳細はこちらから→http://www.city.toshima.lg.jp/kankyo/14191/022128.html

お問い合わせはこちらまで

お問い合わせフォーム:http://katosyoji.net/category/contact/

電話番号:042-392-1001

担当:高橋

【プレスリリース】2014年2月17日 循環経済新聞「賞味期限備蓄食料を活用」

この度、弊社が事務局を行っております港区3R推進行動会議主催の「捨てる・配るだけじゃない!上手な備蓄食糧の活用セミナー」が循環経済新聞に取り上げられました。
今後も、ごみ減量に向けて、積極的に情報発信を行って参ります。

20140217循環経済新聞「食味期限備蓄食料を活用」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(2014年2月17日 循環経済新聞「食味期限備蓄食料を活用」)

【プレスリリース】CO₂オフセットを継続強化‐スイーピングサービス‐

弊社がサポート致しました株式会社スイーピングサービスのカーボンオフセットの記事が、2013年12月2日(月)付で循環経済新聞に掲載されました。

株式会社スイーピングサービスは継続して事業から出るCO₂の全量(今年度は266t)をカーボンオフセットしており、今年8月で3年目を迎えます。また、今年は環境配慮型の新社屋を建設したほか、CSR事業部を発足させるなど、環境貢献企業として地域に根差していくための取組をさらに強化しておられます。

press release

【プレスリリース】政府インターネットテレビに港区エコプラザが取り上げられました!

こんにちは。コンサルティング課の後藤です。

政府インターネットテレビ「徳光&木佐の知りたいニッポン!」に港区エコプラザが取り上げられました。

たまたまその場に居合わせた私も利用者の目線からコメントしております。12分以降です。

お時間のある際に、ぜひご覧ください。

 

徳光&木佐の知りたいニッポン!~森が泣いている ~ 日本の資源 国産木材を使おう!

http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg8609.html

図1 キャプチャ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(文責:コンサルティング課 後藤)

【トピックス】~メールマガジン登録について~

この度、弊社ではメールマガジンの配信を開始たしました。

TOPページ左下にございますメルマガバーナーより登録が可能となっております。

月1回を目安に皆様にとって有意義となる環境商材の情報を中心に配信してまいります。

ご興味がある方は、是非ご登録下さい。

【プレスリリース】「同業者の認知度向上をサポート」(2013年7月29日循環経済新聞)

2013年7月29日付の循環経済新聞に「廃棄物処理業者によるビジネスイノベーション」の特集が掲載されており、弊社の環境イノベーション事業部が紹介されました。

「同業者の認知度向上をサポート:地球温暖化防止で事業の柱を創る」と題して記事が掲載されております。「これまで、時代のニーズの変化に対応することで、発展してきた」という加藤商事の歴史を踏まえ、≪未来の地球に持続可能な環境を創る企業≫という弊社の理念や考え方が載っております。

ぜひご一読下さい。

2013年7月29日循環経済新聞「同業者の認知度向上をサポート」